shortpiece!blog
仙台短篇映画祭2011 9月17日(土)-19日(月・祝)
200910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200912
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
PFFin仙台
PFF=ぴあフィルムフェスティバル。様々な監督を生み出した自主映画のお祭り。…この季節になると、せんだいメディアテークには映画好きがいそいそと集まり、未知の作品と向き合います。そんな期待と驚きに満ちた空気が好きで、PFFに足を運ぶのは、秋の恒例行事です。今年も回数券を駆使して約半分のプログラムを観ましたが…つくづく、密度の濃い(体力の要る)三日間でした。

個人的なベストは、グランプリ作品でもある「一秒の温度」(井上真行監督)です。肩に余計な力が入っておらず、いつも自分が見聞きしている世界に足を着けつつ、言いたいことをちゃんと伝えようとしているところに好感を持ちました。トークでも触れられていましたが、「リアルおとうさん&おかあさん」とみまごう脇役さんたちも味があり、印象に残りました。自主制作は、自宅などスタッフの生活空間で撮影していると想像しますが、あの生活感は、商業映画はどうしたって出せないよなあと思います。自主の強みです。
続いて、「夢の島」(蔦哲一朗監督)、「かたすみで、ヤッホウ」(松村真吾監督)。「夢の島」は、自家現像によるシネスコ&モノクロ作品。ざらついたモノクロ画面に、パソコンが映り込んでいるのが新鮮でした。ジブリがお好きというのがうなずける、暴力性とイノセンスが同居する作品でした。やりたいことをやりつくした作品とトークでお話しされていましたが、ぜひ・だからこそ、「次の一本」も観たいです。
そして、「かたすみで、ヤッホウ」。息詰まるというより息苦しく、痛々しいほどの緊迫感がありました。どんなエンディングに帰着するのか、はらはらしながら観続けて…何とか、ほっとしました。

さて…。今回のPFFで、ちょっと気になった点があります。あくまで私見ですが、必然性を感じられない暴力描写が多分に含まれた気になる作品が目立ちました。PFF開催中の三日間で、一体何人が(映画の中で)死んだんだ?と反芻してしまいました。物語の中から存在を消したいならば、あっさり殺さず、失踪とかでもいいんじゃないか?と思うことがありました。暴力的な死は、パソコンを強制終了するようで、本来あるべき不在の重みや余韻に欠ける気がします。死はもっと重く、血が流れるのはもっと痛くて汚なくて、面倒くさくて大変なことです。
そんな中、「一秒の温度」は特に光りました(…これも死人は出ていますが。)。プレミアのスカラシップ作品「川の底からこんにちは」も、息苦しい始まりからだんだん物語が転がっていき、登場人物たちが愛すべき存在になっていく運びがよかったです。たたみこむ独特なテンポのセリフ回しにも笑わせてもらいました。来年、どんなパッケージ(ポスター、ちらし、予告…)で公開されるのか、想像するのも楽しみです。
自主制作は、商業映画よりいろいろ話したい・聴きたい気分になります。まさに、映画のお祭り。来年の新たな出会いや、今回出会った監督さんたちのこれからに、期待がふくらみます。

取り留めありませんが、速報レポートでした。

cma

~~~
第32回ぴあフィルムフェスティバルは、ただいま応募作品受け付け中!
http://pff.jp
スポンサーサイト
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。