shortpiece!blog
仙台短篇映画祭2011 9月17日(土)-19日(月・祝)
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
五臓六腑のありかを  西川美和『ゆれる』
『ゆれる』は、ぜんぜんゆれない。この点については私が声を大にして言うほどのことではないし、なにより、これはほとんど敗北宣言だ。この作品について他に何が言えるのか、私にはまだわからない。

『ゆれる』を観ている2時間、私は愉しまなかったのだろうか。オダギリジョーのなまなましい背中を。香川照之の的確すぎる顔を。伊武雅刀のへんてこな帽子とヒゲダンスを。とてもわかりやすい視線劇を。私の期待はほとんど裏切られず、『ゆれる』は定められた地点にきちんと着地する。10点満点の着地。でも私は、そんなものを映画に求めてはいない。私ははじめから多くを期待していなかったのだろうか。あるいは的外れな期待を寄せていたのか。

この作品は私の手の中に収まり、何一つ指の隙間から零れ落ちることなく、ごくごくと飲み干せてしまったようだ。にもかかわらず、私はまったく満たされていない。わたしが飲んだ(あるいは飲まされた)ものは一体何だったのだろう。私は今、それが実は砂だったら、せめてもの救いになるのではないかとさえ思っている。それほど裏切りに飢えているのだろうか。

『ゆれる』は腑に落ちる。でも、それは私の腑ではないのだ。私はきっと、五臓六腑のありかを探りたかったのだろう。映画にゆさぶられたかった。心より、もしかしたら身体を。死んだ女の肉体の変容に動揺し、風呂場で嘔吐するオダギリジョーのように、自分のはらわたのありかを知りたかったのだ。映画館の椅子に腰掛けたままで。贅沢な望みだろうか。

吊り橋、水面、ブランコ、そして視線。こんなにも揺れるものが画面に溢れているはずなのに、なぜだろう。『ゆれる』はちっともゆれない。もどかしいほどに。映画は寸分の狂いもなく、はみ出さず、『ゆれる』という器の中にきちんと収まっている。私はこんなに簡単に、映画を手中にしてしまってよいのだろうか。

『ゆれる』はゆれない。この映画のために、他に私が言えることは何だろう。『ゆれる』から映画をとり戻すために、わたしはまだ、その言葉を探している。


あいお


『ゆれる』2006/日本/西川美和
チネ・ラヴィータにて上映中

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。