shortpiece!blog
仙台短篇映画祭2011 9月17日(土)-19日(月・祝)
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
連載25~選ぶことについて
週末、ぴあフィルムフェスティバル(PFF)in仙台に行ってきました。仙台短篇映画祭も、「新しい才能」プログラムにてフレッシュな魅力を紹介していますが、PFFは、いわば大先輩。自主映画の幅を広げた先駆けであり、自主映画の甲子園?ともいえる映画祭です。
夏の東京開催を皮切りに、各地で開催されるPFF。グランプリや審査員賞等に加え、「観客賞」が設けられています。これは、各開催地の来場者が、一人1作品だけを選び投票することにより決定される賞です。これまでの結果をみると、不思議と開催地によって受賞作品がばらけています。地域性というだけでは片づけられないものがあるような…(?_?)

http://www.pia.co.jp/pff/festival/28th/

………
さてさて。映画を観るだけでなく、投票というかたちで映画祭に参加できるというのは、なかなか楽しいもの。足を運ぶようになってからは毎回投票しています。が…正直、いつも迷います。投票してからも、迷っています。
「ひとつ」を選ぶのって難しい。そもそも、作品を純粋に味わうというのは容易ではありません。観た順番、観た時間帯、観たときの自分の心身の状況…いろんな異なった要素が、そのときの印象に影響を及ぼしています。それらをキレイに取り除き、割り切る…ということはできないし、できたとしても何かちがう。
…そんなわけで、いろいろなバイアスはありますが、それでもなお…!と感じるもの。それが私にとっての一つ、なのかなあ…しかしなあ…(-_-;)
というわけで、結局もやもやしたままで投票しましたが、順不同で、思いつくままに5作品をここに挙げておきます。

「隼」~とにかく無茶(を承知で)やっている!ところに、いたく惹かれました(^_-)
「光」~最後の佇まいで、一気にもっていかれました…(´ー`)
「ダイバーのリズム」~『夜の物語』好きにはたまりません。静岡(西伊豆)の海、いいなあ~(´¬`)
「ダム・ガール」~イマムラ?ツァイ?ギドク?…スケールに圧倒されましたw(゜o゜)w。
「はっこう」笑いと不気味さのバランスがうまいなあ、と(^o^)。
(ちなみに、私が実際観たのは、光、ダイバーのリズム、ダム・ガール、はっこう、隼…の順番です。)

cma

(以下、純然たる蛇足です
…ところで、都内ぴあ名物の「出口調査」は、かなりのバイアスがあるにもかかわらず、数字というもっともらしさが全面に出ているところが常々気になっています。観た人の「満足度」は、事前の期待度にもかなり左右されると思うのです。一律に段階評価してポイント換算するのではなく、「予想を裏切らないおもしろさ!」「思わぬひろいもの!」あたりがわかるともっと役立つしオモシロイかな…と。
まあ、出口調査に応じる人自体、ある種のキャラクター(すごくその映画を気に入っているか・すごく幻滅しているかしていて、それを表出したい人。もしくは批評好きな人。)に偏っているとも思いますが。
…所詮は遊びの延長であり、個人の好みの問題。なのかなあ。しかし…(-_-;)
あ。そういえば、以前「出口調査ランキング最低なのに大入り!」というフライヤーを追加して、動員記録を伸ばした作品@シネセゾン某もありました。作品に負けないシニカルな宣伝に、ニヤリとしたものです(^^;)
…以上、長いながい蛇足でしたm(__)m )

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。