shortpiece!blog
仙台短篇映画祭2011 9月17日(土)-19日(月・祝)
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
サロン ド シネマ第二回【後編】
たいへん遅くなりました~。
"There will be Blood"サロン ド シネマ第二回<最終章>でございます。

-------------------------------------------------------------------------
見応えのある深い映画だと思ったけど、逆に深過ぎて、内容を理解、出来てない感じがした。少なくとも、私にとっては、一回、見ただけでは判らない感じだった。仮に十年後に見て、その時、少しでも、共感、出来れば、凄いと思う。そんな印象が残った作品だった。それから、ダニエル・デイ=ルイス扮する、ブレーンビューは、私が出会ったことのないタイプの人間だと思った。
“金の亡者”と言うには、情がある様な。かと言って、人間不信で、お金しか信じてない様な。欲望に忠実だけど、野蛮過ぎず、自己と他者の持つ悪意を的確に理解している不思議な孤独人。と言うのが私の印象。この人物を体現する、ダニエル・デイ=ルイスは、相変わらず、凄い役者さんだなと思った。昔、一時期、彼にハマって何本か作品を見たけど、今回、改めて、約十年ぶり位で、彼の演技を見ると、歳を重ねるごとに円熟されていく“質”の様なモノが感じられて、やっぱり凄い人だなと思った。彼の内から、溢れる“エネルギー”みたいなモノ感じるだけで、一見の価値はあると思う。“生きること”を、考えたいときに見ると良い作品の一つかも…と思った。
Kin
-------------------------------------------------------------------------
ポール・トーマス・アンダーソンの作品は二作目でした。
マグノリアでみたいくつもの平行した物語が折合わさった群像劇から
打って変わってプレインビューという石油王の生き様に焦点を当
てた重く生々しい映画でした。
まるで血と骨の北野武を思い出すような迫力に圧巻。
そして気になったのはイーライという宣教師の存在。
双子の兄であるポールと混同してわかりにくいという話をよく聞
きますが、それよりも狂気と未熟さを同居させたイーライとう
キャラクターも印象に残る部分でした。
本作も完成度の高い映画だとは思ったが、私としては彼の重厚な
群像劇をもう一度見てみたいものだ。
山口
-------------------------------------------------------------------------
他の皆さんがすでにいろいろお書きになっているだろうと思うので、
私は2点にしぼって、書こうと思います。
まず、鳥肌ものだったシーンについて。それは、ブレインビューが
偽弟と海辺で話している場面。血縁などにとらわれず、自己利益
だけを追求し生きてきた彼が一瞬、『家族』の絆にひとかけらの
期待をしていた時、目の前の、弟だと思っていた男が「赤の他人」
だったと気づく瞬間だ。ダニエル・デイ・リュイスの名演が
なければ、成り立たないであろうシーンである。
そして、HWの存在。ブレインビューは単なる極悪人ではない。
自己に存在する悪魔となんとか共存してきた人なのだ。
魂の奥底に湧き上がる石油の油脈のような悪の力に自分の魂を
売らないように、彼はHWの存在が必要だったのに、彼は自ら
『最後の砦』を手放してしまう。ラストで自分の身のほどもわ
きまえず、神の名を使い、私利私欲にまみれた小悪党イーライを
抹殺する瞬間のブレインビューと真っ黒なドロドロの石油が吹
き上がる場面とだぶる。人が悪魔に飲み込まれる瞬間と私たちは
対峙したのだ。
ねなしぐざ
------------------------------------------------------------------------
「なんなんだ、こいつは!」と観終えた直後は、主人公・プレインビュー
に対し怒りすら感じた。彼の行動が、ただただ理解することができな
かったからだ。石油のようにずっしりと重く、本能で行動する彼の生き方。
ひとりの人間の人生を、目の前に突きつけられ狼狽した。
石油についた炎のように、燃えながら生きる彼の姿が、美しくもあり、
同時に迂闊に近づけないような力を持っているように見えた。しかし、
プレインビューの炎は自分だけでは留まらず、彼の周りにいる人たちも、
次第に燃やしていく。息子H.W.は、自分が燃え尽きる前に彼の元を
去ってしまうが、宗教心や偽善といったもので厚く覆ったイーライの
魂ですら燃やし尽くしてしまう。
プレインビューの魂の炎がスクリーンを越えて、こちら側まで
燃やす勢いに、私の中の小さな火種が、燻ったままでいてほしい
と願うばかりである。
A
------------------------------------------------------------------------

次回は先日、開催されました「砂の影」の報告です。
MR.AOGPへバトンタッチです!
よろしく~。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。