shortpiece!blog
仙台短篇映画祭2011 9月17日(土)-19日(月・祝)
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
レッツ・スタディ! (映画音楽篇)
映画館で、自宅のモニターで、iPodで、ポータブルDVDプレイヤーで。
現在はいろいろな場所で、いろいろな形で映画を観ることができますが、
どんな見方であれ、サイレント映画でない場合は、
映画を観るときに同時に音も聴かなければ『映画を観た』とは思わないのではないでしょうか。

しかし、そこまで重要な映画の中の音/音楽は、
なぜ「なければならない」のか。
映画のなかで音楽はどのように使われてきたのか。
考えてみると、面白い問題です。

今回、仙台短篇映画祭初のレクチャープログラムでは、
スタディスト(勉強家)を自称する岸野雄一さんに、
映画音楽についてお話していただきます。
メディアテーク1Fのオープンスクエアで、
実際にスクリーンに映像を流しながら講義していただく形式で、
普段、東京藝術大学大学院や映画美学校で教鞭をとられている岸野さんの面白いレクチャーをばっちり2時間受けることができます。
岸野さんの文章を雑誌等で読んだことがある方なら、
その考え方の道筋の面白さはおわかりでしょう。
まだ知らないあなたも、直接お話を聴いて、ショックを受けてください!

そして、レクチャーが終わったあとの交流会では、
岸野さんの「ヒゲの未亡人」ライブも行ないます!
ヒゲの未亡人のライブは、これまたスクリーンに映し出される映像に合わせて、
未亡人の格好をした岸野さんが唄い、踊るというもの。
さまざまな映画の場面がカット&コラージュされた映像を前に、
観たことのないようなライブが行なわれます。
ちょっとでも面白そうだな……、と思ったら、参加して損することはありませんよ!
是非、レクチャーとライブ、合わせてお楽しみください!

(takahashi)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。