shortpiece!blog
仙台短篇映画祭2011 9月17日(土)-19日(月・祝)
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
帰ってきた覆面上映その2
開演前のBGMからも、上映作品について妄想を膨らませてしまうセントラル名物・覆面上映。今回の作品は「…あ、こういうのもやるんだ。」でした。
ふと思いだしたのは、以前に池袋の文芸坐で観たオールナイト。ワハハ本舗の俳優さんがプロデュースで、「なぜか…こうなっちゃいました」という、前評判はかなり高かった作品を「どうしたら、こうならなかったんだろう?」と考えながら観る、という企画でしたf^_^;。三本のうち、なぜか、唯一未見じゃなかった「カタクリ家の幸福(三池崇監督)」だけが記憶に残っています。韓国映画「クワイエット・ファミリー」をリメイクしたミュージカル仕立てコメディーで、キヨシローさんがクヒオ大佐みたいなキャラクターで出演していました。
……
話しを戻しまして、今回の覆面上映。ワイズ出版第一回作品にして、石井輝男監督作品。つげ×石井、この組み合わせが、そもそも相性が芳しくなかったのかも…。
とはいえ、佐野史郎演じるつげ氏をめぐるエピソードは秀逸です。訳ありな子連れ人妻に振り回され、あげくはおかしな忘れ物が…。忘れ物を持て余したつげ氏はサラっと大胆な行動に出ますが、これ、神代辰巳監督「赫い髪の女」の女の行動を引用したものかもしれません。
…何はともあれ、あのつげ氏の姿がラストシーンだったら、けっこういいと思うんだよなー。主役はあの二人であって、あっちの二人じゃないよなー。などとぐずぐず思ってしまうのは、短篇スタッフゆえでしょうか…。
とはいえ、今回は本当に・そしてタイムリー?な「お蔵入り」作品でした。

cma
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。