shortpiece!blog
仙台短篇映画祭2011 9月17日(土)-19日(月・祝)
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
みんなの力があってこそ
山形から帰ってしばらく。

我々が感じたことは、山形の皆さんは大人だったな~、ということ。

山ドキュの皆さんのお話を夜遅くまで聞いていたのですが、
しばらくは映画の話ではなく、地域の話が主な話題でした。
県内のどこどこの地方での名産品のお話とか、
昔の商店街の様子、行政、お祭りの話などなど。
ただそれが、映画と一見関係ないように見えて、
どこかで映画・映画祭と繋がっているように思えました。

地域の情報を収集しながら、というよりも肌で感じながら、
その地域での人々の意識や需要をも感じているのですね。

山ドキュの開催期間に山形市を訪れると規模が大きいだけでなく、
中心の商店街の皆さんとの一体感を肌で感じることがあります。
それは、山ドキュ映画祭の皆さんが日ごろから映画の外の、
周囲の環境に注意深く目を向けているからなのではないでしょうか。
そこから沢山の協賛・協力の信頼関係が築かれているのではと思います。

映画が好きだと、どうしても視線がそれに一直線になりますが、
周囲の協力が成立には不可欠である以上、まず支えてくれる皆様のことを知る。
映画を取り巻く環境にいる皆様も、観客になって頂きたいのですから。
大人だったな~、と感じたのはそういうことでした。


現在、私達も今年の映画祭に向けて鋭意努力しております。
宮城の、地域の皆様のご協力・ご賛同をいただけますよう勉強中です。

宮城の皆様、ブログをご覧の県外の皆様、
10年目を迎えます私達、仙台短篇映画祭をどうかよろしくお願いいたします。


TH
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。