shortpiece!blog
仙台短篇映画祭2011 9月17日(土)-19日(月・祝)
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
サイタマノラッパー2、着々と都内ジャック!

それは、まったくのたまたまでした。
仕事絡みの上京。
せっかくだからといつもどおりユーロスペースへ。
お、ちょうど「サイタマノラッパー2」をやっている!仙台でも公開は決まっているけれど、短篇映画祭期間中だし観ておこう!…と、即決。
シアターに入ってみると、左にマイクが。そして、予告なしの本編スタート。…これは、もしかして、幸運にも…!
うれしい(けれども少々気付くのが遅いf^_^;)予感は見事に的中しました。サイタマノラッパー2の都内4館目公開開始にあわせ、キャスト&スタッフ御一行様の舞台あいさつがあったのです!

今回、私たち仙台短篇映画祭のゲストとして、初日登場予定の仙台出身俳優・水澤伸吾さん(写真中央)、公募作品からご縁のある入江悠監督(写真右はじ)もほろ酔い状態で登場。特に水澤さんは、一昨年ラヴィータの舞台あいさつで拝見したときより堂々としていらっしゃり、ラップにキレが増したようでした。また、終映後に突然押しかけてご挨拶した私に、にこやかに応じてくださった入江監督にも感謝です。
仙台から離れた東京の地で、仙台短篇映画祭の輪をあらためて感じた夜でした。

みなさん、水澤プログラムをどうぞお見逃しなく!(それから、9月下旬にフォーラム・ラヴィータで公開されるサイタマノラッパー2、入江監督お気に入りの「ペルシャ猫を誰も知らない」も要チェックです。)

…そして、私の企画しました「まごころ」バリアフリー上映もどうぞよろしくお願いしますm(__)m
みずみずしい成瀬作品と、熱い撮りおろしドキュメンタリーをぜひ御堪能ください!

cuma
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。