shortpiece!blog
仙台短篇映画祭2011 9月17日(土)-19日(月・祝)
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
苦悩する天才
何年か前、震災の起きるほんの少し前、神戸にいってみたいとふらりと旅に出たことがあった。その時地図を観ながら宝塚市にも脚を伸ばせることが分かり、早朝の列車で手塚治虫記念館に向かった。平日ということもあってか、混雑はしておらず原画やシアターでの作品をゆっくりじっくり観ることが出来た。
手塚治虫は自分が生まれたときからいて、すでに漫画家としても巨匠であった。
何の迷いもなく手塚治虫の漫画を観て育ったのである。
誕生日のプレゼントは「W3」の本だったり、ジャングル大帝のアニメに夢中だったりと。
ぼくらの時代、必ずといっても過言ではあるまい、手塚治虫を誰もが読んでいた。
その後たくさんの漫画を読み、たくさんの作品を選択する中で、手塚治虫の漫画も少しずつ姿を変え、少年漫画から青年漫画へと移行していった。
そして彼は死ぬまで漫画を書き続けた。
記念館で原画を観ながら、あれやこれや思い出したり、驚いたりと興味深い時間を過ごした後に、モニターから生前の手塚治虫のインタビューがながれた。
そのインタビュー映像には苦悩する手塚治虫が映っていた。
手塚治虫の魅力はストーリーはもとより彼の描く絵が強い武器であったはずだ。
その絵が彼の一番の悩みになっていた。
少年漫画の可愛らしい手塚のキャラクターが、彼の描きたいおとな向けの漫画において、どうしても物語に合わない。皺を描き込んでもおとなにはならない、どうしても少年が残ってしまう。
おとなの漫画が描きたいと思ったときに自分の絵が足を引っ張る。
描きたい物語は山ほどある。誰かに、おとなの絵の描ける人にバーゲンセールをしても良いくらい描きたい作品はたくさんあるのだと。
一番自信を持っていたものが、一番のネックになってしまったと語る手塚治虫の姿に見入ってしまっていた。
その時から自分が手塚治虫を思い語るとき、漫画でもなくアニメでもなく、真っ先にその姿が浮かぶようになってしまった。
苦悩する天才は、満足を知らず、本当に悔しさをあらわにしていた。
アニメ始まったこともあって、久しぶりに「ブラックジャック」を読み返してみた。
苦悩するブラックジャックに手塚治虫がだぶってみえた。

今年の映画祭でのプログラム「手塚治虫10の実験フィルム」の中にもそういった手塚の顔が見え隠れする作品がある。単純にかわいいだけではない、そのかわいらしさの影に潜む彼の苦悩は今も僕をどきどきさせる。満足することなく試行錯誤を繰り返しながらも、しかしけして制作することは辞めない天才と呼ばれた手塚治虫の、その貪欲な姿もまた彼の魅力の一つであり、だからこそ心を揺さぶるのである。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アドルフに告ぐ (1)手塚 治虫■どんな人におすすめ??■・ヒトラー、ナチスに興味のある人・中東問題に興味のある人・戦後60年とゆうことで歴史を勉強したい人■肝心の内容はどうなの??■今年は戦後60年とゆう事でこの一冊を…巨匠手塚治虫のとても政治色の強い作品で
2005/07/28(木) 12:40:37 | 幻雪はかく語りき&不要品買取サイト
今日は手塚治虫さんの名作「ブラックジャック」で英語を勉強しちゃおうと思います。
2005/08/02(火) 11:29:48 | 『トークるズ』イングリッシュ・クラブ!
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。