shortpiece!blog
仙台短篇映画祭2011 9月17日(土)-19日(月・祝)
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
20日の映画祭への旅 ~終わり、そして始まり~
P9204334.jpg
前略 皆様 リュミエール兄弟様

20日のせんだいメディアテークはやや曇りながらも過ごし易い日でした。
17日の夜に開幕致しました、10度目に立ち上がった仙台短篇映画祭も、
いよいよ今年の最終楽章を奏でられました。
そして来年への序曲へと。

P9204279.jpg
最終日の短編映画祭はヌーヴェル・ヴァーグ、
日本では見る機会が限られていたジャック・ロジエ作品から始まりました。

P9204297.jpg
この回は仙台出身の映画評論家の大和晶さんをお招きしまして、
作品とその時代背景についてお話して頂くことができました。

P9204304.jpg
P9204306.jpg
大和さんはサロンdeシネマ「ヨーロッパ映画」にもご参加くださいました。

P9204319.jpg
こちらはTRUNKショートフィルム研究会の風景です。

P9204312.jpg
1Fでは最後のワークショップと3日間に作られた、
参加者の皆さんの力作の上映が行われました。

P9204299.jpg
今年のアニメーション部門(?)ライアン・アーキンの上映です。
パンフレットもご購入頂きましてありがとうございました。
終了の足音がだんだん近づいて参りました。

P9204322.jpg
今年最後の上映作品、「世界の現状」の上映前の委員長の挨拶です。
委員長、本当にお疲れ様でした。

P9204329.jpg
仙台短篇映画祭2010、終了。
泣いたり転んだりの準備は長く、楽しい時間はあっという間に。
速やかに撤収作業が行われ、メディアテークはいつもの風景に戻っていきます。

P9204331.jpg
静寂を取り戻した7Fシアター前。

映画祭は終わりましたが、成果のまとめ等々まだまだ今年の活動は続きます。
しかし今は実行委員の皆様に、ほんの少しの安らぎを。明日に繋がる今日ぐらい。

P9204333.jpg
今年初めてご来場くださいました皆様も、長年ご来場頂いております皆様も、
ご来場頂きまして本当にありがとうございました。
皆様に楽しんでいただけておりましたら幸いです。
来年、また映画祭会場でお会いできます様・・・・。

カーテンコールは無しで。
以上で全ての上映を終了致しました。

To be continue next ... episode 11

P9204281.jpg


(TH)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。