shortpiece!blog
仙台短篇映画祭2011 9月17日(土)-19日(月・祝)
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Eプログラム ついに実現!~水戸短編映像祭とのコラボ
水戸短編映像祭は、今年で15周年を迎える茨城県水戸市の映画祭です。
ショートピース!のお兄さん的存在で、いろいろお世話になっておりましたが、
今年は、ご縁がありまして、がっぷりとコラボレーションすることになりました。


9月23日より開催される水戸短篇映像祭では、仙台発3.11映画制作プロジェクト
『明日』が県外初上映されます。

交換プログラム企画として、今回、9月19日(月・祝)には、
水戸短編映像祭presentsみとタンペンセレクションin仙台にて、2作品を上映いたします。

■浴槽と電車
2009年/日本/カラー/Blu-ray/33分
監督・脚本:甲斐博和(かいかずひろ)
東京・日暮里の風景に寄り添いながら、一組の兄妹と一組の恋人のすれ違いと
和解の軌跡を繊細な演出で描いた力作。

■普通の恋
2009年/日本/カラー/DV/45分
監督・脚本・編集・美術・衣装:木村承子(きむらしょうこ)
思春期の少女の性の目覚めと心の揺れを、独自のセンスで作り込まれた
ヴィジュアルで描いた異彩を放つ快作。

今回、ご縁があって、「浴槽と電車」の甲斐博和監督の「ご祝儀」が、
9/18(日)10:30~『新しい才能に出会う』プログラムにて、上映されます。
見比べるのも面白いですよ。
2作品を拝見させていただいて感じたことは、甲斐さんは女性や男女関係を撮るのが
うまいなぁ~と思います。
あと、そこに何かしらの食事や料理が絡んでくる。
日常がちゃんとスクリーンの中に存在する映画って、いいですよね。

普通の恋は、残念ながら未見ですが、女性の視点で少女の性のめざめを描いている今作品。
かなり気になっております。当日、大きなスクリーンで見れることを楽しみにしております。

水戸短編映像祭は、仙台の翌週です。ぜひ、こちらも足を運んでください!
URL:http://www.mitotanpen.jp/index.html

こちらのプログラムは、託児サービス有り!!
託児申込方法/託児(1歳半~未就学児。子ども1人150円)
をご希望の方は、ファクスまたは電子メールに氏名、住所、電話番号、お子様の年齢(月齢まで)、
と希望日をご記入の上、9/10(必着)までにメディアテーク託児係へお申し込みください。
(宛先 FAX022-713-4485 office@smt.city.sendai.jp)

(ねなしぐさ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。