shortpiece!blog
仙台短篇映画祭2011 9月17日(土)-19日(月・祝)
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
311仙台短篇映画祭映画制作プロジェクト作品『明日』再上映 ~「星空と路」より
皆さま
本日3月6日は、せんだいメディアテークにて、
311仙台短篇映画祭映画制作プロジェクト作品『明日』を再上映致しました。

P2161167.jpg
P2161159.jpg
昨年、あの日にボロボロになり、長期閉鎖となっていたメディアテーク7Fも
ようやく一般開放され、訪れる方々の足も戻り始めています。
映像シアタールームでの映像イベントも既にいくつか行われており、
私たち仙台短篇映画祭の今年9月の開催も、ここに戻ってきます。

そして本日は、『星空の路』というイベント初日の映像作品として、
昨年の9月の仙台短篇映画祭にて上映され多くの皆様にご鑑賞頂いた、
41人の監督による、1本が3分11秒、42作品を連ねた映画、
たくさんのひとの仙台への想いが詰まった、『明日』が再上映となったのでした。

P3061193.jpg
P3061196.jpg
開場前の音声チェック、映像のチェック、会場内の打ち合わせ。
こうしてシアター前の受付で、映画祭スタッフが受付をし、
お客様にひとりひとりお声をかけてご案内し、
上映前の挨拶などなどの、ひとつひとつのことから、
あのときより前の、懐かしい想いがよみがえってきます。


最近、雪が降るとあのときのことを思い出します。

でも、この映画を見ると、いままでのこと、自分の心の中のこと、
そしてみんなのことを思い出し、また明日に向っていくのです。

今日、はじめてこの作品を見たお客様にも、何かを感じて頂けていたら幸いです。


「星空と路」の期間中には、この『明日』にご参加頂いた、
濱口竜介監督の『なみのおと』が3月7日18時30分より、『なみのこえβ』が11日17時30分より、
志子田勇監督の『測量技師たち』は11日の13時30分より、
それぞれ上映、その後には監督のお話がありますので、こちらもどうぞご鑑賞ください。

星空と路」は3月12日まで開催中です。


(TH)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。