shortpiece!blog
仙台短篇映画祭2011 9月17日(土)-19日(月・祝)
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
JOJOっぽい作品~今年の上映作品から
こんばんは、映画祭スタッフtuyoです。
昨日、新人と書いたら、「オールドルーキーでは?」と指摘されました。

それはさておき、私、結構JOJOが好きなんですが、
「この作品、何かJOJOっぽいなー」というのがいくつかありました。今日はその作品たちをご紹介。
(あくまで私見ですので、実際に見て「これは違う」などと言わないでください)

Cプログラム 山岡大祐監督『いいね!』(21日上映)
ビルの隙間で暮らす男、って時点ですでに「ここ杜王町?」って感じです。
そして実際に彼はそのスタンド(?)で女を引きずり込むのみならず、さらに……。

Hプログラム ジョアン・ペドロ・ロドリゲス監督『チャイナ・チャイナ』(22日上映)
ロドリゲス監督の作品は、何か全体的な雰囲気が杜王町みたい、というかまさに「日常に潜む狂気」に
あふれている感じがしました。
その中から『チャイナ・チャイナ』。若い中国人の母親は、旦那(多分)からだらしのなさを罵倒される。
その時彼女が取り出したものは?それで何をする?そして結末は?

MOOSIC LAB 傑作選2 今井真監督『あなたの白子に戻り鰹』(22日上映)
JOJOで出てくるエンヤ婆の「矢」。これに射ぬかれてもスタンド能力が発現すると死なないが……。
これと同様なものが、この映画で出てくる。どんなものかは、作品を見てのお楽しみ。
それとは別に、ロックバンド「漁港」の歌、いいですよ(特に、主人公登場のシーンのものが)。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。