shortpiece!blog
仙台短篇映画祭2011 9月17日(土)-19日(月・祝)
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
アニメってどうですか?
私は、現在進行形でアニメーションを作っています。
日々、細かく切った画用紙をチョットずつチョットずつ動かしています。
初アニメの私にはとても時間がかかりますが、うまく動いた時の喜びは何ものにも代えられないものです。

自分が思うのは、アニメは何でもできてしまうからこそ難しいと言うことです。
(実写でも合成すれば・・・とかCGを使えば・・・とか、そういうことは、この際目をつぶってください。)
人は空を飛びません。でも飛んでしまいます。
現実には人魚なんていません。でも人魚は現れます。
自分が表現したいものをどういう風にどの手段で表現するか、自由度は実写よりも高いのではないでしょうか。
制限された中で作品を作ると言うことも難しいですが、自由に作ってくださいというのもとても難しいことです。

今回アニメあらかるとで上映する作品は、目に見えない時の流れのようなものが静かに表現されているように自分は思いました。
劇場で大きなスクリーンでゆったりと流れる時間を感じていただきたいです。

手塚治虫さんのプログラムもふくめ、短篇のアニメーションを映画館でこんなにも見ることができる機会は滅多にないと思います。
普段実写しか見ないみなさんも是非のぞいて行って下さい。

yk
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。