shortpiece!blog
仙台短篇映画祭2011 9月17日(土)-19日(月・祝)
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
連載7~お気に入りの席をさがせ
最近、座席指定制の映画館が増えてきました。確実に座れる、直前まで時間を自由に使える…のは大きな魅力。そのかわり、劇場に入って「さて、どこらへんに座ろうかな」と、ゆるゆる見当をつける楽しみがなくなったように思います。
どこに座るか、観やすい場所はどこか…と考えるときに、意外とあなどれないのは、スクリーンの高さ、そして大きさ。
「観やすいところ」とリクエストすると「…お好みは、お客様によってさまざまですから」と、受付の方につれなく返されることもあります。そんなときは、とりあえず、「画面と目線が同じくらいの高さになる(画面と正対できる)位置」を訊いてみるといいです。そこが、一般的な「観やすい」位置のようです。
さらに、スクリーンの大きさも尋ねてみるのがオススメ!です。大きければ前寄りはきつい(視界に映像が収まりきれない)し、小さければ後ろは物足りない…ということになるので。ざっくり言って、奥行きがあり縦長(座席列が多い)のシアターならスクリーンは小さめ、奥行きが浅く横長(一列あたりの席が多い)と大画面…だと思われます。
また、話は若干それますが、某シネコン(東北には未進出?)の粋なはからいをご紹介しましょう。そのシネコンは、上映時間前の受付分は(お客の要望が特にない限り)中央部~入口とは逆のサイドの席に指定します。そして、上映開始後受付分は、入口サイドの席に。…つまり、暗くなった後に途中から入ってくる人は、スクリーンを横切る必要なく最短距離で席につけます。すでに席についている人にとっても、画面を横切る黒い影に驚いたり、足を蹴られたりポップコーンを振り掛けられる心配をしないで、ゆったり映画を楽しめます。ちょっとしたことですが、なかなかスマートで素敵な配慮です。(ちなみに、このシネコンのマナーCMも、かわいらしげなキャラクターに頼らず、ユーモアがピリリときいていて秀逸です。)シネコン関係者の方、ぜひご検討下さいませm(__)m

cma
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
座席
座席選びは大事なのに、けっこう失敗します。特にフットライトにまつわる失敗が多い。フットライトは上映が始まってはじめて「しまった…」と思うのですが、上映が始まってしまうとなかなか移動しずらいので、この際、フットライト自体に配慮がほしいくらいです。フットライト業界の皆さま、よろしくですm(__)m
2006/05/23(火) 22:52:09 | URL | jun #LkZag.iM[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。